御三家の入試も突破可能!真の実力は家庭教師で身につける

模擬試験

中学受験は三大模試をチェック!

子どもの学力、合格ラインまでの距離、ライバルの多さを知るために欠かせないのが、模擬試験。それぞれの学習塾や模試業者がいろいろな模擬試験を開催していますが、難関中学合格のためにチェックしておきたいのは、いわゆる三大模試。

ここでは、三大模試がどんなものなのか解説します。その上で、模試の選び方や合格ラインの考え方をご紹介していきます。

三大模試とは?

三大模試とは、首都圏の中学受験者の多くが利用する三つの模試のこと。四谷大塚の「合不合判定テスト」、日能研の「全国中学入試センター模擬試験」、首都圏模試センターの「統一合判」を指します。

難関校を受験する場合は、合不合判定テストや全国中学入試センター模擬試験を利用することが多いようです。統一合判は、中堅や下位校向けの模試と位置づけられています。

模試の選び方

では、三大模試の中でどうやって受験する模試を選べばよいでしょうか?

統一合判は、比較的シンプルな問題が出る傾向にあります。基礎を固めている段階や、中堅〜下位校の受験を考えているなら、まずは統一合判を選ぶのが有効な方法だと思います。

一方、ある程度実力がついていて、応用力を測りたい、あるいは難関校を目指している、という場合には、合不合判定テストや全国中学入試センター模擬試験を利用するのがよいでしょう。

公立中高一貫校の場合は?

公立の中高一貫校を受験する場合は、これらの模試とは別のものを選ぶ必要があります。入試の形式が違うので、日能研の「全国公立中高一貫校対策テスト」を利用するのがベター。

合格ラインの見方について

三大模試は難易度や受験層が違うため、合格ラインの判断の仕方も違います。統一合判は比較的偏差値が高く出やすい傾向があるので、注意が必要です。

例えば、開成中学について80%合格ライン偏差値は、四谷大塚は71、日能研は71としています。一方首都圏模試センターでは74とやや高めの数字。 複数の模試を受けることも珍しくないので、 テストの結果を見るときにはこの点を踏まえて見ておくとよいでしょう。

会場の選び方

せっかく模試を受けるなら、実際の試験のような雰囲気を味わえればよりいいと思います。塾会場で受けるのでなく、学校会場を選ぶことをお勧めします。特に、本番が近くなったら学校での試験を体感しておくことで、本番の緊張を少し和らげることができるでしょう。