御三家の入試も突破可能!真の実力は家庭教師で身につける

名門校に合格するための家庭教師ナビ » 【御三家特集】名門中学に合格するための受験対策とは?

【御三家特集】名門中学に合格するための受験対策とは?

私立中学の中でも名門とされるのが、いわゆる「御三家」。男子校、女子校それぞれ3校ずつがあります。

男子の御三家は開成・麻布・武蔵の3校。女子は桜蔭・女子学院・雙葉の3校です。

ここでは、御三家それぞれの概要と、入試対策法をご紹介します。

御三家【男子校編】

開成中学校

言わずと知れた名門校。東大合格者の数は不動のトップで、海外留学者が増えていることも注目されています。入試の難易度は高く、7割強の得点が必要です。

入試対策は、どの分野も満遍なく学ぶことが必要。高レベルでの「考える力」が求められる問題が多いことが特徴です。

  • 国語
  • 論説文・物語文の2題が出題されます。文中の言葉を使ってまとめる力、自分の言葉でまとめる力、自分の意見を述べる力など、様々な形の設問があります。全てに対応できるようにしておきましょう。

  • 算数
  • レベルの高い「考える力」が求められます。解法丸暗記では対応できないので、答えにたどり着くまでの経過を丁寧に書く習慣をつけるとよいでしょう。

  • 理科
  • 比較的分かりやすい問題が多いので、ケアレスミスは禁物。教科書や資料集を徹底的に読み込んで、知識の曖昧なところをなくすようにしましょう。

  • 社会
  • 基礎的な知識が中心。分野を超えた融合問題もあるので、丸暗記ではなく、分野ごとの関連を意識して学ぶことが大切です。

麻布中学校

御三家の中では、比較的のびのびとした校風。徹底して書かせる教育を貫いており、定期試験では記述問題が非常に多いほか、レポートを書く機会も多いです。東大合格者はもちろん、京大への進学者も多いのが特徴。また、入試も記述問題が多いのが特徴です。

  • 国語
  • 比較的簡単。本文の言葉を置き換える練習や、具体的な言葉を抽象的な言葉に置き換える練習をしましょう。

  • 算数
  • 平面図形や速さ、規則性などが頻出。同じパターンの問題の出題が多いので、過去問対策をしっかりしましょう。回答までの筋道を自分で考え出す練習も必要です。

  • 理科
  • 身近な生物の特徴を覚えておくことや、図やグラフのデータを考察する練習が必要です。過去問で練習をしましょう。

  • 社会
  • 徹底的に記述問題の練習が必要です。時事問題も比較的多めで、自分なりの意見を持つことが求められます。

武蔵中学校

御三家の中では少し落ち目にあると言われていますが、それでも名門に変わりはありません。少人数教育が特徴で、ハイレベルな教育が期待できます。第二外国語教育があるのも特徴的。

  • 国語
  • 長文を読んで字数指定のない記述問題を解く訓練が必要です。無駄に長く書くのでなく、ポイントを押さえて必要なことを記述する力が問われます。

  • 算数
  • 和差に関する問題や、割合、速さ、平面図形、数の性質、場合の和に偏って出題されます。今後もこの傾向は続きそうなので、重点的に学習しましょう。

  • 理科
  • 過去問演習が得策。基本的な知識と、自分で考察し、記述する力が問われます。問題形式に癖があるので、過去問で慣れておくとよいでしょう。

  • 社会
  • 例年分野融合型の問題が多くなっています。こちらも字数指定なしの記述問題があるので、思考力、記述力が問われます。

御三家【女子校編】

桜蔭中学校

東大合格者女子首位の桜蔭。礼法の授業があるのが特徴で、礼儀正しさや勤勉さを重視する校風です。女子校のトップである以上、基本的なことを完璧にしておく以上に、問題を速く正確に解くための判断力も問われます。

  • 国語
  • 記述問題に注意。全体の80%を占めるので、しっかりとした対策が求められます。必要なポイントを、適切な長さでまとめる訓練をしましょう。

  • 算数
  • 速さ、規則性、立体・平面図形が頻出です。分野融合問題もあるので、苦手な分野がないように満遍なく学習しておきましょう。

  • 理科
  • 考える力を要求される問題が多いものの、基本的な知識を確実に押さえることが最優先。逆に言えば、難問であっても基本的な知識があれば解答は導き出せます。

  • 社会
  • 地理、歴史、公民、時事の全てから出題されます。図形や資料の読み取りも多くなっています。

女子学院中学校

プロテスタント系の女子校。明るくて自由な校風で、校則もあまり厳しくありません。現代史や評論読解という独自の教科があるのが特徴。ネイティブの教員が英語だけを使う授業もあります。

  • 国語
  • 四字熟語や語句の意味といったいわゆる語句問題が3割以上を占めます。また、要旨をまとめる問題が出される傾向にあるので、文章全体を把握することを意識しましょう。

  • 算数
  • 難問があまりないため、高得点での争いになります。8割以上の得点がマストとなるでしょう。速く、正確に解くことが大切です。

  • 理科
  • 問題数が多いので、こちらも速さを問われます。力のつり合い、光とレンズ、電気、溶液の量的関係などが頻出。原理や仕組みの理解がなくては全く解けない問題が多いので、丸暗記ではなく仕組みを理解するようにしましょう。

  • 社会
  • 選択肢問題が多め。地理と日本史は必ず出るので、重点的に対策をしましょう。グラフや地図の読み取り問題も奥なっています。

雙葉中学校

雙葉はカトリック系の女子校です。全学年とも週に1時間は宗教の授業があります。英語に加えてフランス語を学ぶため、語学力の高い生徒が多いのが特徴。特にフランス語は、大学受験時のフランス語での受験も視野に入れるレベルとなっています。

  • 国語
  • 説明記述問題が特徴的。何と、A3の解答が用意されている質問も。当然、それなりの長さの記述が求められます。一方で、10字ほどの記述問題もあり、あらゆる形での記述力が求められます。

  • 算数
  • 規則性、平面図形、速さなどが頻出。作業をしながら解く問題が多いのも特徴です。

  • 理科
  • 標準的な問題が多いので、基本をしっかり学習していくことが大切。各分野からバランスよく出題されるので、抜けのないように対策をしましょう。

  • 社会
  • 短い時間で多くの問題を解くことが求められます。資料や地図の読み取りもあり、スピードと思考力の両方が必要です。

家庭教師でできる、御三家対策

男子・女子御三家は、それぞれに出題形式に特徴があるため、対策も異なります。ただテキストをやればいいというわけではなく、求められる力を入試までに確実に身につけることが必要です。

限られた時間の中で、何を重点的に学習するべきなのか、子どもはもちろん、親にも分からないことが多いと思います。それよりも、難関中学受験のプロフェッショナルである家庭教師に、対策を委ねる方が効果が高いことは言うまでもありません。

御三家対策コースを設けている家庭教師会社があり、実績とノウハウの蓄積は頼りになります。このサイトでも、名門中学の受験に対応した家庭教師をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。