御三家の入試も突破可能!真の実力は家庭教師で身につける

女子学院中学校

女子御三家でも自由な校風!のびのび通える名門、女子学院中学

女子学院中学は、女子御三家の中では比較的自由な校風だと言われる学校です。校則はほとんどなく、上履きの指定や校章のバッジくらいのものだそうです。生徒の自主性を大事にしていて、生徒のやりたいことをやらせる、という雰囲気があります。自主性が育つためか、卒業生には芯があって意思の強い人材が多いという評判です。自分の意見をしっかり言える子どもが育ちそうです。

授業は週5日で、授業時間も週に30時間ほど。ゆとりのある教育が特徴です。進学を早くから意識する生徒はあまりいなくて、部活に打ち込む生徒がほとんどだそうです。高2ごろから大学受験を意識して対策するという校風は、女子御三家にあっては意外ですね。

それでも、東大合格者数は桜蔭に次いで多く、毎年20人以上を排出しています。

女子学院中学の入試の傾向

女子学院中学の入試は、国語、算数、理科、社会の点数配分が全て同じ。どの教科も満遍なく学んで点数を取らなくてはいけないのが特徴的です。他校のように、国語と算数に学習を集中するということができません。

全体的に極端に難しい問題が少ないので、解ける問題を確実に解く練習をすると良いでしょう。

  • 国語
  • 国語は、大問3題ほど。近年は出題傾向がよく変わっていて、読みきれない部分があります。一つ言えるのは、かなりのスピードで問題を解く力が必要ということ。国語の総合的な力が問われるので、テクニックに頼らず本質的な力を身につけましょう。

  • 算数
  • 算数は、40分という少ない時間でできるだけたくさんの問題を解くことが必要。かといって問題が易しいわけではなく、速く正確に問題を読んで解答する練習をしましょう。

  • 理科
  • 理科は、小学校で学ぶ基本的な知識をもとにして答えるものが多くなっています。奇抜な問題はないものの、教科書レベルについて細かいところまで問われる傾向にあります。

  • 社会
  • 社会は、やや難易度の高い問題が並んでいます。地理、歴史、公民、時事それぞれから満遍なく問題が出されるので、一通り対策をしておくことが大切です。

合格戦略

女子中学の御三家ともいわれる女子学院中学校の試験内容は、素早く読んで素早く回答することが重要になります。

問題の読解においても回答においても、処理能力の速さが求められますので、スピードを重視すると共に、正確に回答できる力を養うことが鍵となります。

また、特化した教科だけでなく、すべての教科を漫勉なく合格レベルに持っていくことも必須です。

算数の合格戦略

算数の試験においては、スピードを重視する女学院の特徴を掴んで40分という短い時間の中で、幅広い分野の問題を正確に問いていく力が求められます。

出題傾向も幅広く、ある意味オールジャンルの問題が出題されますので、受験対策についても幅広く、また正確に問題を解くことができるようにトレーニングしましょう。

国語の合格戦略

女子学院中学校の国語試験は、出題問題において試行錯誤を繰り返している様子がうかがい知れ、毎年出題傾向が確立していない点がネックとなっています。

ただし、大問数はここ数年2、3問出題されることが続いているようなので、ここは抑えておくとよいでしょう。

論説文と随筆で約6,000文字ほど、記述レベルはしっかり確保しておく必要があります。

問題の傾向は確率していませんが、国語の問題の難易度が高いのは毎年同じですので、「国語力」をしっかり身に付けることは必須です。

社会の合格戦略

社会も出題範囲が幅広く、地理と歴史、公民、時事とすべてのジャンルから出題されるので、早めに準備をして対策をすることが大切です。

これまではどの単元も同じ比率で出題されていましたが、2017年は歴史が6割をしめ、公民が2割弱、地理は1割と出題傾向が偏ってきています。

だからといって、翌年も同じ出題傾向かというとそうではないのが女子学院中学校の受験です。

ヤマを張るよりも確実な学力をつけて受験に臨みましょう。

どの教科も試験時間は40分ですが、社会は特に出題範囲が広く問題数も多いので、ほかの教科よりもスピードが重要になります。

理科の合格戦略

地学と生物、科学、物理とそれぞれのジャンルから大問が1つずつ出題されるのが特徴。出題される問題のタイプは異なるかもしれませんが、これらのジャンルはしっかり抑えておくことが高得点の鍵となるでしょう。

理科はその年によって取り掛かりやすい問題とそうでない問題が分かれる傾向にあるので、油断は禁物です。

基本を抑えていれば確実に解ける問題もあるので、焦らず冷静に取り組めば高得点が狙えることも。

マンツーマンで指導を受けられる家庭教師がおすすめ

女子学院中学校は問題の難易度が高く、またスピードも求められるため、より高度な学力や処理能力が必要です。

塾では自分のペースを上げることが難しいなら、家庭教師でマンツーマンの指導を受けることをおすすめします。

客観的に時間がかかるところ、苦手なところをしっかり指導してもらえるので、ぐっと学力を伸ばすことができるでしょう。

学校説明会

女子学院中学校の学校説明会では、生徒の一日の始まりを感じられるよう礼拝から始まります。

その後女子学院中学校の教育方針についての説明。

キリスト教の精神を基盤としている学校なので、プロテスタントの概念やそれに基づいた教育理念についての説明を受けます。

そのほか、授業カリキュラムや入学試験について、また学校行事や防災についての考え方など、学校生活において必要なことを細かく説明してもらえるので、入学後の子どもたちの様子を深く理解することができます。

質疑応答の時間は設けられていませんが、個別の相談を受け付けているほか、授業を見学することもできるので、より学校の風土やカリキュラムを理解した上で受験を検討できる点は大きな魅力だと思います。

進路状況/進学実績(2018年度)

国公立大学 私立大学 私立大学医薬系・他
東京大 29名 早稲田大 111名 国際医療福祉大 1名
お茶の水女子大 3名 慶応義塾大 77名 東京慈恵会医科大 3名
一橋大 6名 上智大 52名 聖マリアンナ医科大 1名
東京医科歯科大 3名 立教大 22名 北里大 5名
東京工業大 7名 青山学院大 13名 東京女子医科大 3名
筑波大 5名 国際基督教大 7名 星薬科大 4名
千葉大 1名 中央大 19名 日本獣医生命科学大 1名
埼玉大 1名 日本大 7名 東京歯科大 2名
名古屋大 1名 明治大 38名 東京造形大 1名
福島県立医大 1名 法政大 10名 武蔵野美術大 2名
横浜市立大 1名 東京女子大 3名 ノックス大 1名
横浜国立大 1名 津田塾大 5名 スワースモア大 1名
京都大 8名 日本女子大 11名 順天堂大 8名
神戸大 1名 成蹊大 1名 昭和大 3名
大阪大 1名 東邦大 1名 日本医科大 1名
信州大 1名 東京理科大 41名 東京医科大 1名
北海道大 1名 明治学院大 5名 獨協医科大 1名
首都大学東京 2名 学習院大 2名 明治薬科大 1名
奈良県立医大 1名 専修大 1名 昭和薬科大 1名
防衛医科大学校 2名 昭和女子大 1名 日本歯科大 1名
防衛医科大学校(看護) 1名 東京都市大 1名 多摩美術大 1名
東京外国語大 3名 國學院大 2名 カールトン大 1名
東海大 1名 セント・オラフ大 1名
東京電機大 2名 センメルワイス大 1名

主な年間行事

4月 ・入学式
・前記始業式
・健康診断/体力測定
・体育祭
5月 ・東北旅行(中3)
・春の遠足
・生徒会総会
・アジア祈祷週間
6月 ・前期中間テスト
・オリエンテーションキャンプ(中1)
・教育懇談会
・球技会
・平和講演会
7月 ・歌舞伎教室(中3)
・ごてんば教室(中2)
8月 ・クラブ合宿
・ボランティア活動
9月 ・水泳教室(中1)
・防災訓練
・前記期末テスト
・秋休み
10月 ・後期始業式
・マグノリア祭(文化祭)
・創立記念日集会
・秋の遠足
11月 ・バザー
12月 ・後期中間テスト
・クリスマス礼拝
1月 ・生徒会役員選挙
・クラス劇(中3)
・かるた会
2月 ・中学講演会
・生徒会総会
・球技会
3月 ・後期期末テスト
・卒業礼拝
・終業礼拝
・卒業式
・春の修養会

学校概要

  • 住所

東京都千代田区一番町22-10

  • アクセス

地下鉄有楽町線「麹町」徒歩3分

地下鉄半蔵門線「半蔵門」徒歩6分

JR「市ヶ谷」徒歩8分

  • 学費
初年度納入金合計 年間学費
1,080,680円 700,680円
  • 合格者数
出願者数 760名
受験者数 717名
合格者数 275名
補欠者数 -
倍率 3.0倍
  • 偏差値

69

  • 制服

あり

家庭教師で女子学院中学の対策ができる!

女子学院中学の入試は、読解能力とスピードが問われるのが特徴です。また全教科を満遍なく学習しておかないと太刀打ちができないので、受験対策には効率も必要になります。

学習塾でも受験対策はできますが、塾は宿題の量が多かったり授業の進度が速かったりして、女子学院中学の入試にフィットした対策ができなくなりがち。子どもの判断では学習のペースが掴めず、学習がうまく進まないことも。

それをフォローするのが家庭教師。塾対策コースが用意されているので、塾での学習の中の重要なポイントを押さえて、効率よく実力を上げることが可能です。

このサイトでも、そういった塾対策コースを用意している家庭教師派遣会社を調査し、情報を公開しています。家庭教師選びに役立つと思いますので、ぜひご活用ください。