御三家の入試も突破可能!真の実力は家庭教師で身につける

開成中学

自由な校風とトップクラスの大学合格実績・開成中学

開成中学は、東京都荒川区にある、創立140年を越える名門。東大合格者数は不動のトップで、授業にも課外活動にも力を入れているのが特徴です。東大合格者が多いにもかかわらず、部活動や生徒会の活動も盛ん。短い時間で勉強をすること、授業の間にしっかりと学ぶことを良しとする伝統があります。

また、運動会の盛り上がり方は有名。先輩と後輩の関係もしっかりとしていて、体育会系の雰囲気があります。社会に出ても優秀な人材が多いのは、この校風が理由でしょうか。

偏差値は77。校長は東大大学院教授でハーバード大学でもベストティーチャーに選ばれた柳沢幸雄氏。その柳沢校長をして、「君たちは18歳の集団としては世界一の能力を持っている」と卒業式で言わせるほど、優秀な生徒が多い学校です。

開成中学の入試の傾向

  • 国語
  • 開成中の国語は、速読力が重要。超長文を一気に読んで回答する力が求められます。回答に必要な要素を文章の中から見つけ出し、自分の言葉と文章中の言葉のどちらでも記述ができるようにしておくことが大切です。

    文章の趣旨や、登場人物の感情の変化などを短い字数でまとめる訓練などをしておくとよいでしょう。

  • 算数
  • 問題数はそれほど多くないものの、解法を見つけ出すのに手間取ると厳しい問題が多くなっています。東京出版の「中学への算数」は、開成中学の入試算数対策に最適。積極的に利用しましょう。

    平均点は高めなので、ケアレスミスは禁物。確実に解けるようにする練習も必要です。

  • 理科
  • 難問と易問がはっきりしているのが特徴。易問は完璧に取っておきたいところです。実験や観察に関する出題が多く、結果や考察を短文でまとめる問題が多い傾向です。

  • 社会
  • 社会は、他の3教科に比べると基本的な問題が多いように見えます。分野融合問題も多いものの、難問と言えるほどではありません。過去問でしっかり対策をしておくとよいでしょう。

塾でも指導だけでは最早追いつけない

開成中学のような名門校に合格するには、その名門校へ合格者を毎年多数排出しているような名門塾での指導を仰ぐのが必須になります。しかし名門塾全般に言えることですが、指導の水準が非常に高いものになってきます。そのおかげで毎年のように名門校に合格者を多数排出しているわけですが、その裏に指導のレベルの高さについていけず辞めていく生徒や転塾する生徒も少なくはありません。そこで名門塾の指導についていくために、名門塾対策を行なっている家庭教師への依頼をしておくのも必要なのです。

家庭教師で、塾の学習をフォローして対策しよう

開成中学の問題は、実は御三家の他の2校に比べると難易度はやや下がります。その代わり、すべての分野を満遍なく学び、しかも苦手のないように準備しておくことが求められます。

塾に通うだけでその対策をするのは、難しいところです。塾でカバーしきれない苦手な分野や、開成中の入試の独特な部分は、家庭で個人的に学習しなければなりません。それを助けてくれるのが、家庭教師の存在です。

家庭教師は、塾での学習のサポートをするコースが用意されています。塾と家庭教師の併用で、開成中学入試に特化した対策をすることをおすすめします。

名門塾対策なら名門指導会がオススメ

上記でも話しましたが、開成中学のような名門高校に合格するのは名門塾の指導が必須になります。しかしその指導レベルについていくには、その名門塾への対策を行っている家庭教師というのを利用しなければ大半の生徒はついていけません。そこで今回オススメしたいのが、「名門指導会」という名門塾対策に特化した家庭教師集団なのです。

では実際にどのような指導を行っていくのでしょうか?

実際の対策

国語

開成高校の口語では論説文と小説、随筆または、これらを組み合わせた問題が出題される傾向があり、年度によってどれが出題されるのか分かりません。しかし長文問題が出題されることが予想され、文字数にして5000文字前後であることが多いのです。

そこでこの長文を即時に読み解き、答えを出さなければならないのです。

開成高校の国語の受験時間は50分で80点満点。

この文字数の多さに圧倒されてしまうと、この長文を元にして問題が作られているわけですから、その時点で問題を解くのは難しくなってしまうでしょう。そのことを頭におき、事前に長文問題を多く解いて慣れておくという対策がとられます。

事前に問題の傾向に慣れておけば圧倒されることもありませんし、問題を解くペース配分を掴めます。長文問題は慣れていくいくしかないので、毎日違うタイプの問題を解いていけると良いと思います。

算数

開成中学の算数は立体図形・平面図形・速さ・数の性質・規則性・文章題など、偏って問題が出題されることがなく、偏ることなく満遍なく算数のレベルをあげなくてはなりません。そのことから、毎日練習問題を解いていき、問題を解くスピードをあげておく必要があります。図形の問題は複雑なものが多く、自ら書き出して展開していく習慣をつけておかないと当日に思ったよりも時間がかかるなどのトラブルが生じてしまいます。

試験時間は60分で85点満点。

問題数は少ない方ですが時間がかかる問題が多く、一つのケアレスミスを犯すと点数に大きな影響をもたらします。普段からケアレスミスに対して軽い気持ちではなく、重大なミスとして望んでいきます。

理科

物理・化学・地学・生物から満遍なく問題が出題されていきます。

試験時間は40分で70点満点。

生物では植物・昆虫・動物・人間などの問題が出題され、体の形成や働きなどを問う簡単な問題が多いです。地学分野では天体の問題が多く出る傾向があり、太陽・月・星などの動きと原理を問う問題が多いです、物理ではテコの原理など基本的な問題が多く、ごくたまに電気系の問題も出題されることがあるのでここも押さえておくことが必要です。計算式を求める問題が多くなるので、基礎知識を身につけた上で望んで行った方が良いです。化学分野では気体関係の問題が多く、その中に計算問題も織り交ぜられています。

実験系の問題が出題される傾向があり、実験器具の名称や使い方は押さえておきたところです。レベル的にはさほど高くはありませんが、大きく分けて難問と易問の2つに分けられます。そのことから易問のケアレスミスが点数に大きく影響してしまいます。

社会

地理・歴史・公民・時事というジャンルの中から満遍なく問題が出題されます。そのことからこれもまた満遍なく勉強していくことが必要です。

学校が東京都にあることから東京の地理問題や読み取り問題、世界地理など中学校受験では珍しい問題も出題されます。暗記ものも多いので、早いうちからの対策と準備が必須になります。

試験時間は40分、70店満点です。

受験対策のポイント

難関校なだけあって普通に勉強していては、合格は難しいのは事実です。

実際に開成中学校の入試問題はどの教科も偏りがなく満遍なく問題が出題され、得意分野がはっきりと分かれている生徒は正直、不向きと言えます。そこで開成中学校に対しての受験対策ポイントを立て、望んだ方が良いでしょう。

家庭教師といえば講師が自宅に来て、勉強だけを教えてくれるというイメージですが、まず勉強に取り組む座り姿勢を改善していきます。姿勢が整わないまま、勉強していると頭に内容が入ってきづらくなり、集中力も続かなくなってしまいます。

集中力が続かないと開成中学の国語の問題のような長文を読むときに、最後まで文字が読み切れず問題を解く足がかりを失ってしまいます。また細かなケアレスミスや問題を解くスピード自体が落ち、問題を解くのを時間内に終わらせられなかったなどの凡ミスをしやすくなってしまいます。このことから姿勢を矯正して、勉強に取り組む意識付けから始めていきます。

集中力を持続させられる生徒は意外に少ない

一般的に小学生を見ていると勉強ができるとされている生徒に、同じような範囲から出題していたテストの点数が良いときと、悪いときに差が出てしまうことがあります。

点数が多少前後することはあったとしても、同じような範囲のテストを同じ生徒が受けているのだから大きな差が出る事は何か原因があると思います。

その原因こそ「集中力」にあるのです。

小学生というは多くが、自分の勉強の仕方というのを確立できていません。いつ勉強を始めて何時間勉強して、その間何分ぐらい休めば良いのかという事自体が分からないのです。

大人も同じように今やっている仕事の目処がどのくらいでつくのか予想できなければ、ペース配分もできない上、終わりが見えないので集中力が続かなくなるのです。

そこで家庭教師を依頼してサポートしてもらうことで、自らペース配分を取れるようにしてあげるのです。まずは勉強することを習慣にして、勉強することに慣れていくことが大切なのです。

苦手という先入観をなくしてもらう

生徒ごとに教科というものが存在しますが、それは一体何故なのでしょうか?

確かに勉強以外どのようなジャンルのものでも、人により苦手なものは変わってきますが勉強については「分からない」「興味がない」といったことが苦手意識を作っていることが多いのです。

国語

国語は算数のように理論や方程式など、明確なものがなく答えは一つではないことが多いジャンルの教科です。そのことから答えが無数に存在するものへの対応能力がない生徒は、苦手意識を持ってしまうはずです。

そこで文章を読み取る読解力をつけてから、勉強を始めます。読解力がないまま勉強しても、理解ができないので苦手意識はなくなりません。

算数

算数は基礎が大事になってくるので、その基礎を理解しないまま学校で授業が進んでしまうと理解できないまま、さらに難しい応用問題を解かなければならなくなるので良く分からない授業をずっと聞かされていることになります。

そのことからまずは重点的に基礎を身につけます。基礎を身につけ徐々にランクアップした問題をやっていけば、どこまで理解しているかが明確になり苦手意識も消えていきます。

理科

本来理科というのは世の中の生物などを始め、物体や現象など身近なものについて学んでいくので知っておいて損がないものなのです。

しかしそんな重要なものが授業になると、とある現象の名前や物体の法則など名前の丸暗記のみになり、本来の理科というジャンルの良さが引き出せていないのが現状です。そのことからつまらないものと感じ、いつの間にか苦手意識ができてしまうのです。

そこで何故、そのような現象が身近で起きるとどうなるのかなど、自分にも関わりがあるものだとうことを植え付け、興味を持ってもらうのです。

社会   

社会という教科は暗記の要素が強いので、勉強を教えてもらうというよりも自分で黙々と物事を覚えていく地味な印象になり、苦手意識を植えつけている傾向になります。

しかし物事をただ覚えるのではなく、その物事に対して現代にどんな影響があり、どのようなきっかけでそれが起こったかなど、物事の触りだけでなく起承転結を教えていくことで詳しい知識となり興味を持ってもらうことができるのです