御三家の入試も突破可能!真の実力は家庭教師で身につける

慶應義塾中等部

共学の名門、慶應義塾中等部

慶應義塾中等部は、言わずと知れた慶應大学の付属中学。付属中にはいくつかありますが、中等部がもっとも偏差値が高く、入試難易度が高い。キャンパスは三田にあり、付属中の中で唯一の共学。女子は中等部にしか入れないため、女子の方が優秀な生徒が集まるようです。

基本的には慶應大学に進学できるので、それほど大学受験に関してギスギスしたところがあるわけではないようです。その分それぞれが自由な活動に取り組んでいるため、各業界に優秀な人材を輩出しています。受験戦争に消耗せずに、自分の能力を伸ばせるのはいいですね。

中等部卒業後は、系列高校に進学できます。多くは慶應義塾高校、女子は女子高に進学します。同じ系列中学でも、湘南藤沢中等部は湘南藤沢高等部にしか進学できないので、中等部に強みがあります。

慶應義塾中等部の入試の傾向

とりわけ女子に関しては合格がかなり難しいのが慶応中等部。学習塾の中でもトップクラスの実力が求められます。

どの科目も試験時間が比較的短いため、速く正確に問題を解く力も必要になります。

受験対策だけでなく、幅広い教養が求められるのも慶応の特徴。一般常識を身につけられるよう、早い段階から意識しましょう。

  • 国語
  • 国語は、45分の間に大量の問題を解かなければなりません。文章量は5000〜6000字と多く、スピードが求められます。また俳句や詩の解釈の問題が出題されるので、これに対する対策も必要です。

  • 算数
  • 算数は、全ての分野をしっかりと網羅しておくべき。平均点が高いと予想されるので、取りこぼしのないような対策が必要。弱点を作らないように、満遍なく学習しましょう。

  • 理科
  • 理科は、小学校の理科の基礎レベルの知識を問われる問題が多く、一般教養が重要になります。図鑑などを読み込んで、深い知識を身につけておくとよいでしょう。

  • 社会
  • 社会についても、同様に一般常識を問われることがあります。また問題数が多く時間が短いので、過去問などを活用して、スピードを磨く訓練をしておくことが大切です。

慶應義塾中等部の対策には家庭教師を活用しよう

慶應義塾中等部の入試は、全体的にスピードと正確さが求められます。いわゆる試験用のテクニックや練習のところで、学習塾の指導だけでは補いきれない場合があります。塾のカリキュラムとは別に、自分で訓練をしなければなりません。

しかし、それを子どもに理解させて、自分で練習させるのは難しいもの。できれば、家庭教師の個人的な指導で対策をさせましょう。塾の宿題や課題で精一杯になりがちですが、宿題に追われてこなすだけでは、入試に役立つ力はつきません。家庭教師の塾対策コースなら、塾の指導や宿題の中から必要なものを絞り込んで、効率よく学習を進めることができます。その中に慶應義塾の入試対策も盛り込むことで、合格は一気に近づくことでしょう。