御三家の入試も突破可能!真の実力は家庭教師で身につける

筑波大学附属駒場中学校

東大合格者多数!躍進の筑波大学付属駒場中

筑波大学付属駒場中学校、通称「筑駒」は、偏差値では日本トップクラス。もっとも入学するのが難しい中学校の一つです。1学年が160人と、生徒数は比較的少なめ。しかし約半数が東大に合格という実績と張り合えるのは、関西の雄・灘高校ぐらいのもの。国立付属なので、高校進学後は授業料が無料。金銭的なハードルという面では、難関中学の中では筑駒がもっとも魅力的でしょう。

自由な校風も筑駒の特徴で、校則は「ガムを噛まない」「上履きを履く」くらいのものしかないのだとか。名門校は少なからずどこもそうですが、自主性と創造力を育む環境が整っています。

また学校行事が多く、音楽祭、体育祭、文化祭のほか、田んぼを持っている筑駒ならではの水田学習、都内・東北・関西でフィールドワークを行う地域学習など、いろいろなイベントで貴重な体験ができます。

また、特に理科と数学の指導はずば抜けており、スーパーサイエンスハイスクールに指定されています。理系科目の得意な生徒が多く、レベルは非常に高いと言えます。

筑波大付属駒場中の入試の傾向

入試の難易度は、首都圏の男子校では最難関。出題範囲を全て、隅々まで学習しきった実力が必要になります。知識、思考力、表現力を兼ね備えていないと、合格は難しいと思います。

  • 国語
  • 国語は、記述式問題が多い傾向です。字数制限はなく、枠内に適切な長さの解答を書くテクニックが求められます。漢字の書き取りが出題されることも。

  • 算数
  • 算数は、分野融合問題が多いため、特定の分野に絞って勉強することは得策ではありません。全ての分野を完璧にしておくレベルが求められています。

  • 理科
  • 理科は、物理、化学、生物、地学の各分野から出題されています。基礎知識は小学校の理科レベルでも、自分で深く考えて答えを出す力が必要です。過去問などで演習を積みましょう。

  • 社会
  • 社会は、例年大問3つ。筑駒の社会は、選択肢設問が複雑なことで有名。容易には正誤が判断できず、非常に厄介です。いわゆるリード文も長さがあり、しかもどこに解答のヒントがあるか分からないため、素早く読み込む力が必要です。

塾に指導を任せておいたら大丈夫と思っていませんか?

筑波大学附属駒場中学校のような名門校に合格するには、その名門校へ合格者を毎年排出しているような実績のある名門塾での指導を仰ぐのが必須になるでしょう。しかし名門塾全般に言えることですが、合格者を毎年のように何人も排出しているだけあって指導レベルは非常に高いものになります。ところが塾で指導を受けたからといって、必ず合格が約束されているわけではありません。あまりにも生徒と指導のレベルの差が離れすぎていると生徒はついていけなくなります。たとえついていけなくなっても塾側は指導レベルを落とすわけにはいかないので、ついていけなくなったらそこで行き詰まってしまった生徒は、言い方は悪ですが切り捨てられていく感が非常に強くなります。名門塾というのはあくまで「デキる」生徒への合格までの道のりは用意してくれますが、その裏には指導のレベルの高さについていけず辞めていく生徒や、転塾する生徒も少なくはありません。そこでその名門塾の指導についていくための、名門塾対策を行なっている家庭教師をあらかじめ用意しておくことが必要なのです。

筑波大駒場中学の入試には家庭教師が必須!

ここまで解説してきたように、筑波大駒場中学の入試は難関中の難関、少なくとも東日本では最高峰です。生半可な学習では合格できないことをご理解いただけたでしょうか。

受験対策に、学習塾に通わせる方は多いと思います。しかし、学習塾では、子どもの苦手なところ、重点的学習が必要なところに手が届きません。苦手や穴があっては合格できない筑駒の入試において、これは致命傷になりかねません。

学習塾で全体的な学習を進める一方で、できないところ、ついていけないところをフォローする役割が必要です。しかし、それを親御さんに求めるのも正直難しいもの。そこで活用したいのが家庭教師です。中学受験向けの家庭教師は、塾対策コースを用意しています。これを利用して、塾の受験対策指導をフォローできれば、苦手をなくし、満遍なく深く学習することできます。

このサイトでは、筑駒レベルにも対応した優秀な家庭教師をご紹介しています。ぜひそちらも参考にしてみてください。

筑波大学附属駒場中学校をはじめとした名門塾対策なら名門指導会がオススメ

筑波大学附属駒場中学校のような名門高校に合格するのは、名門塾の指導が必須になります。しかし名門塾に通っているからといって合格はおろか、授業についてくことすら難しい生徒が大半になってしまいます。そこで今回オススメしたいのが、「名門指導会」という名門塾対策に特化した家庭教師集団なのです。

「名門指導会」というのは名門塾に通っている生徒に対して指導を行う塾で行われる指導の対策を行う「塾の塾」といった感じの家庭教師です。

正直、名門校に合格するには名門塾の指導を理解していく能力がなければ合格は難しいでしょう。そこで対策として「名門指導会」の家庭教師をオススメしたいのです。

筑波大付属駒場中の傾向と対策

筑波大附属駒場中の入学試験の国語・算数・理科・社会に共通して言える傾向ですが、回答者によく考えさせるというのが共通して言えることです。そのことからどの教科も読解力というのが重要になってきます。

そのためにはただ勉強時間をさけば良いということや、過去問数多くこなしていけば良いわけではありません。まずはどの教科も教科ごとの本質を理解してから勉強を行わなければ何の意味もありません。

例えば算数というのは計算や図形解析が中心になってきますが、問題をよく読み考えさせる問題が並ぶので、素早く読み取って回答する技術が要求されます。

筑波大附属駒場中の問題の場合は、制限時間の割に設問を理解する時間を多めにとるようなタイプの問題が多いので、即時に理解できる対応能力が大切になります。

理科に関しても暗記して覚えてしまうことが多いですが、しっかり問題を読ませてから法則に当てはめていく問題が並ぶので、こちらに関しても問題を素早く読み解く力が要求されます。

そのほか社会に関しても同じことが言え、国語に関しては漢字の読み書きという暗記ものもありますが文章読解の問題が多くの割合を占め、詩や短歌など短文の問題も短い文章から物語の背景を読み解かなければならない。

また一つひとつの回答を短く簡潔にまとめなければならないようになっているので、回答を短文かつ分かりやすく説明できるテクニックが要求されます。

全体的に問題のレベルは中学校受験のなかでも特に高く、さらにその範囲のなかで易問と難問に分かれ、易問に関しては受験者が100%近い回答率を誇っていることが多く、一つのミスが命取りになりかねません。

そのようなミスをなくしていくため、物事の本質を読み解く読解力が重要になってくるのです。

家庭教師の指導で意識改革を

全国屈指の難関校なだけあって勉強のスタイルが確立していない生徒にとって、合格は難しいと思います。

実際に筑波大附属駒場中の入試問題は上記でも話したとおり、文章自体をよく読ませてから回答させるような流れに持っていくパターンが多く、このような問題に日頃から耐性をつけておく必要があります。そこで筑波大附属駒場中に対しての受験対策ポイントを把握してから、受験に臨んでいった方が良いでしょう。

家庭教師に依頼をかけたら、勉強に取り組む座り姿勢自体から改善してもらいます。姿勢が悪いまま勉強してしまうと頭に学習した内容が入ってきづらくなり、集中力に関しても続かなくなってしまいます。集中力が続かないと筑波大附属駒場中の入学試験のような、文章をよく読ませて回答させる問題に対して取り組むことが難しくなってしまいます。

また細かなケアレスミスや問題を解くスピード自体も落ちてしまい、回答欄を埋めることだけに追われてしまいしまいには、時間内に終わらせることができなかったなどの凡ミスを犯しやすくなってしまいます。このことから姿勢を矯正して、集中力を持続させることにつなげていきます。

実力はあるのに集中力が続かない生徒が多い理由

中学校受験というものを意識している生徒は現段階で伸び悩んでいることから、家庭教師へ依頼をしてくることが多いのですが、全く勉強ができないという生徒は少ない気がします。

実際に現時点の実力を見極めるためにテストをさせてみると、合格ラインにはいかないものの、ある程度はしっかりと回答ができています。しかし間違えてしまった問題を見てみると、意外にケアレスミスの量が多くそのことが重なり、かなりの点数を落としているのが見受けられました。

ケアレスミスというのは正解を導くためにプロセスはできているのに、最後のちょっとしたミスで間違いをしてしまうこと。一見、凡ミスということで次回は平気と特に意識はしませんが、このようなミスを多くしてしまう生徒は次もこのようなミスを犯してしまいます。

その理由として、ケアレスミスをするパターンとクセが染み付いてしまっているからです。

このような生徒はケアレスミスということで、「ほぼ正解」という意識を持っています。

ところがテストでケアレスミスをするともらえるはずだった点数が0点となり、全く問題の答えが分からず空回答している生徒と同じなわけです。

例をあげていくと配点3点の計算問題で公式に当てはめて回答していくものに対して公式や計算方法は、ほぼあっているのにも関わらず、最後の最後で公式の当てはめ方を間違えてしまって結果的に間違えてしまうというパターン。

この例では、計算方法や進め方はあっているのにも関わらず最後の最後で凡ミスをしてしまい間違ってしまいましたが、テストというのは正解か不正解かの2つなので、いくら計算方法があっていても解答欄に正解が書かれていなければ、何の意味もないのです。

そのことをまずは意識させて「ケアレスミス=惜しかった」という意識から、「ケアレスミス=ただの間違え」という意識を持たせるようにします。

そのためには生徒になぜケアレスミスをしてしまっているのか、その生徒のケアレスミスの傾向と癖を見抜き一緒に改善してあげる必要があります。

できる時とできない時の差が激しいのは意識の問題

定期テストを行なった際、点数が良いときと悪いときに差が出てしまう生徒がいます。

点数が良い時があるということは、問題に対して理解していて実力はあるのだと思います。

しかし点数が小さな範囲で前後するということは全く同じ問題を出題しているわけではないですから仕方がないことですが、点数の振り幅が激しい生徒というのはあくまで同じようなテストを受けているわけですから、実力以外に何か原因があるのだと思います。

その大きな原因こそ、またもや集中力の欠如なのです。

できる時とできない時の差が激しい生徒というのは、自分の勉強へ取り組む姿勢が出来ているか否かというところにあります。

集中力がある生徒というのは毎日勉強するリズムと習慣が根付いていて、勉強にかける時間と休む時間がうまく調整できるようになってきます。いつもより多く勉強したいときでも、勉強する基礎ができているので無理がない範囲で集中して行うことができるのです。

一方、集中力がない生徒は勉強のリズムや習慣が根付いていないので勉強を続ける時間や、やめ時が分からず、「勉強は永遠に続くもの」というイメージを抱いてしまっているのでしょう。

先が見えないようなものをやっていては、誰でも集中力は持たなくなってしまいますし、とくにテストという逆に制限時間が決まっているものでは、ペース配分が掴めず集中力が続かなくなってしまうことがあります。

そこで家庭教師に依頼して勉強の基本的な取り組み方や、ペース配分を叩き込んでもらいましょう。

まずは勉強することを習慣付けて、勉強することに慣れていくことが大切なのです。

苦手科目を積極的に取り組ませる

筑波大附属駒場中に限らず、中学受験というのは国語・算数・理科・社会という科目全てで高い点数を取らなければ合格することができません。

そこで得意科目を伸ばすことももちろん重要ですが、苦手科目を敬遠してしまうとその科目が悪かったために取り返しのつかないことになってしまいます。

そのためには科目の上部や要点だけを絞って教えてしまうよりも、生徒が興味を持ち自分の知識となるような物事の教え方をしていきます。

まず強制的に覚えなければいけないという意識よりも、自ら覚えたいという取り組み方に変えさせなければならないのです。