御三家の入試も突破可能!真の実力は家庭教師で身につける

名門校に合格するための家庭教師ナビ » 【中学受験Q&A】志望校合格のために考えるポイント

【中学受験Q&A】志望校合格のために考えるポイント

中学受験に関する悩み・疑問Q&A集

中学受験をさせるにあたって、分からないことや不安なこと、疑問点が生まれることがあると思います。

ここでは、そんな悩みや疑問についてQ&A形式で答えていきます。特に誰もが気になるであろう4つのポイントを取り上げて、詳しく解説しています。悩みが生まれたら、まずはこのページをご一読ください。

中学受験の悩みが生まれるタイミングは?

中学受験について親御さんが悩むのは、どのタイミングが多いのでしょうか。

やはり最初に悩むのは、小3の後半ごろ。中学受験対策は小4ごろから始めることが多いとされています。塾に通わせたり、家庭教師をつけたりして、小5までに小学校のカリキュラムの学習を終え、小6の一年間をかけて受験対策をします。

受験をさせるのかどうか、塾に行かせるのかどうか、どのレベルの中学を目指すのか、といった点がこの時期の悩みとされます。

続いて悩むのは、小5の終盤小6に上がる直前。小6になってから塾や家庭教師を変えたりするのはリスキーなので、ある意味ではここが最終決断のタイミングだと言ってもよいでしょう。本格的な受験指導が始まるため、これが分水嶺となります。

これらのタイミングで生まれる、以下の4つの悩みについて解説をしました。

中学受験に関する4つの悩み

受験対策を始める時期

まずは、いつから受験対策を始めるべきなのか、という悩み。上述のように、一般的には小4になる直前ごろがベストとされています。その理由と、小6からでの対策でも間に合うのかどうか、という点について解説しました。

いつから始める?中学受験対策を考える時期を見る

転塾のタイミングと必要性

塾が合わない、成績が伸びない、そんな時に考えるのが転塾。

どのタイミングで転塾するのがいいか、そもそもなぜ転塾をするのか、そんなポイントについて解説します。

転塾する場合の中学受験への影響を見る

塾と家庭教師の役割

塾と家庭教師は、同じ学習指導でも役割が違います。両者の違いと、効果的な使い分けについて解説しました。

中学受験における塾と家庭教師の違いを見る

進学のための家庭教師の費用相場

家庭教師は、派遣される教師のレベルによって費用が大きく変わります。一般的な学習指導を行う家庭教師と、中学受験を専門としたハイレベルな家庭教師の費用相場を比較しています。また、トップクラスの家庭教師を利用する理由についても触れています。

中学受験対策の家庭教師の費用を見る