御三家の入試も突破可能!真の実力は家庭教師で身につける

受験対策を始める時期

いつから始める?難関合格のための中学受験対策

中学受験の対策は、いつから始めるのがいいのか悩むことはありませんか?小学校に通うのは6年間。1年生の時から始めるのは早すぎる気もするし、6年生からじゃ遅いかもしれない。そんなお悩みをお持ちの方のために、受験対策を始める時期のポイントを解説します。

一般的には小3の2月ごろから始めるのが理想

中学受験の対策を始めるおすすめの時期は、小4に上がる直前、小3の2月ごろ

一般に、中学受験向けの本格的な学習は小4の2月ごろに始まります。ここから塾に通い始めることが多いと思いますが、いきなり中学受験対策を始めると、子どもには大きな負担がかかります。

しかも、この時期からは算数の難易度が一気に上がり、学習に必要な時間も増えます。この時期になる前に、学習に取り組む習慣をつけるために小3の2月ごろから学習のリズムを身につけておく必要があるのです。

早くから始めるとどうなる?

では、もっと早くから学習を始めるのはどうでしょうか。

早い段階で塾に通っておけば、塾のシステムや雰囲気に慣れることができます。塾が好きになれば、高学年になっても塾に通うモチベーションが保てるでしょう。また、塾に通っていれば、学力がどれくらいなのか測ることができます。どれくらいの学習や対策が必要なのか分かる上に、他の子ども競う楽しさ、意欲も養うことができます。

一方で、進学塾に通うと嫌でも中学受験を意識することになります。低学年のうちから中学受験を意識していると、高学年で息切れしてしまうこともあります。

また、低学年のうちは、進学塾でやることはそれほど難しくありません。家庭学習でも十分ですし、学校や塾での学習以前の基礎能力(集中力、学習の習慣、文章の読み書き)を身につけることの方が重要です。低学年から塾に通う重要性はそれほど高くないとも言えます。

小学生にとっての塾の必要性

小学校の高学年に差し掛かる頃から塾に通う生徒が多くなってきます。早い生徒だと小学校に上がったと同時に通い始める生徒もいるほどです。しかし、一般的には3、4年生あたりが平均的ではないかと思われます。

その頃と言うのは、分数や小数、単位の換算など学力のレベルも段々と上がってくる頃ではないでしょうか。そういった苦手意識をなくすために塾に通い始めるのですが、周りの友達も段々と塾に通う生徒が増えてくるので、自分も通いたくなってくるという生徒も中にはいるでしょう。

また、両親が共働きだときちんと子供の勉強を見てあげるのが難しかったりします。

そういった理由から塾に通わせる親御さんもいることでしょう。ただ、塾の授業が始まるのは、学校が終わってからの夕方からという時間帯です。学年が上がるごとに塾の授業も遅くなりますので、授業が終わる頃には21時や22時といった遅い時間になります。夜遅い時間帯に子供だけで帰らせるというのは不安でもあります。親御さんとしては、この帰り道の不安ということだけが大きな懸念材料になっていることでしょう。

モチベーションを保たせるのも大事

小学校3年生あたりから塾に通わせるのが一般的ですが、5年生あたりになると進路の問題が出てきます。小学校までは公立に通わせ、中学校から私立を受験させて高校、大学と一貫した教育を受けさせようと考える親御さんも多いのではないでしょうか。すでに子供に行かせたい大学や方向性が決まっている場合、系列校の中高一貫校に通わせることで、その大学に行かせやすくなるというメリットは出てきます。

ただ、子供の本音はみんなと一緒の公立校に通いたいと思っている生徒もいることでしょう。そんな生徒に無理矢理受験させたところで、モチベーションというものはどうしても上がってはきません。このモチベーションを保たせるのも受験にはとても必要なことになってくるのです。

受験が必要な中学校には、オープンキャンパスや文化祭の公開、学校説明会などが開催されているはずですので、子供とよく話し合い、どこの中学校へ行きたいのかということはきちんと確認する必要があります。そうでないと、どれだけ早くから塾に通わせても何の意味もないのです。

小5あたりから本格的に受験勉強を開始

一般的に、中学受験をさせたいと考えている親御さんは、小学校5年生あたりから本格的に受験勉強を開始させています。

塾によっては、6年生の時に受験のために通い始めた生徒に対し、5年生でやるカリキュラムが中学受験の基礎固めになるからと6年生用の授業に加え、敢えて5年生のテキストもやらせる塾も存在しているようです。

そして、小学校6年生の夏あたりには入試に必要な勉強は全て終えて、それ以降はこれまでの復習や応用力の勉強へと差し掛かっていくのです。ですので、小学校6年生から塾に通わせるというのは中学受験にとっては非常に不利なことでもあるのです。中学受験を考えているのであれば、小学校3年生あたりから塾というものに慣れさせ、小学校5年生から本格的に受験勉強を開始するというのが理想ではないでしょうか。

中学受験は高校受験のための基礎作り

中学受験をしないにしても、早いうちから塾に通わせるというのは高校受験をするための基礎作りには向いているかと思われます。

塾にも進学コースといった受験がメインで勉強を教えるクラスもあります。こういったクラスは、中学校や高校に進んだ時に勉強に困らないようにするための基礎学力を重点にカリキュラムも組まれています。

まず、ある塾の進学コースだと、知識を詰め込むだけでなく、豊かな発想を他者と交換することで、学力の基礎作りを行っています。

そして、ある塾の公立校コースだと、高校受験をメインとしたカリキュラムが組まれており、公立小学校の平均的な進度よりも少し早めに勉強を学び、応用問題の勉強の方に少し力を入れています。

ですので、中学受験を考えているのであれば、進学コースのようなカリキュラムが組まれた塾に通わすのがベターになるのではないかと思われます。

中学受験は何よりもやる気が大事

中学受験のため、ただ学校の授業についていけるようにするため、中学や高校の授業への基礎作りにためなど、塾に通う理由は人それぞれ違ってきます。中学受験のために塾に通うのであれば、ただ塾で勉強をするだけでは何の意味もないような気もします。結局のところ、何のために塾に通っているのかということだけはしっかりと認識してなければ何の意味もないのです。それと、親御さんと子供の双方が納得しているということもとても大切になってきます。

中学受験のタイミングは人それぞれ違いますが、やる気が起きているタイミングを逃さずに見てあげるのも親御さんの大きな役目になるのではないでしょうか。そこが中学受験を始める大きなタイミングになるかと思われます。

小6からの対策じゃ遅い?

小6からの受験対策は、実は珍しくはありません。この時期になって、子どもが受験したいと思うようになり、スタートを切ることがあるからです。

ただ、難関中学の合格はある程度基礎能力がなくては厳しいでしょう。偏差値50近辺やそれ以下の中学校なら小6からのスタートでも間に合います。無理せず、合格できる範囲の中学を選べばよいでしょう。

難関中学の合格を目指すなら、やはり小3の年度末ごろには対策を始めたいところ。計画的な学習を続けていくことが合格のカギになります。

塾通いは遅くなればなるほど不利になる

中学受験を考えているのであれば、小学校3年生あたりから塾に通わせた方がいいと述べました。基本的に、小学校5年生あたりから塾で習うレベルが上がってきます。小学校4年生あたりまでは順調に進んでいた生徒でも、5年生になった途端に急激に学力が落ちる生徒もいます。その理由の一つに、「算数」のレベルが上がるとされているからです。

4年生までの算数というのは記憶だけでなんとかなるレベルであります。ただ、5年生になると「立体図形」や「速さ」などといった本格的な問題が出てきて、これまでの記憶力だけでは問題が解けなくなってくるのです。ここで大きな差が出てくると言っても過言ではないのです。

また、社会や理科といった教科も覚える量が急激に増えることにより、4教科のバランスがうまく取れない生徒も増えてきます。要するに、5年生あたりから勉強のスタイルも変え、4教科全てバランスよく点数が取れるような勉強方法に変えていかなければならないのです。

そういったことも踏まえて、5年生から中学受験のために塾に通わせるのはとても不安なことでもあります。塾通いになれていない、毎週のようにテストを受けて自分の偏差値と闘い続けなければならないモチベーション、ということは小学校5年生から始めるのには多少の負荷が出てきます。勉強についていけず、ストレスがどんどん溜まって中学受験どころではなくなってしまう可能性も出てくるのです。

塾に通わせる前の準備

中学受験のために塾を通わせる前というのは、正直なところ自宅学習で何の問題もないと思われます。家庭内でしっかりと学習環境を作ってあげ、親御さんがきちんと勉強を見てあげるだけでいいでしょう。ただ、ここでも先生の立場になって勉強を見てあげなければ何の意味もありません。塾というのは学校と違って多少厳しく指導されますので、自宅学習のうちからこの厳しさに慣れさせておくというのがここでは大事になってくるのです。

もし、この自宅学習だけでは不安と思うのであれば、家庭教師や個別指導の塾に通わせるといった対策を取るのも一つの手であります。例えば、中学受験の算数は小学校の算数と違う教え方が求められます。参考書と問題集をなんとなく与えて親子で一緒に勉強するよりも、中学受験のその科目に特化した先生に任せた方が期待も持てるからなのです。

小学校5年生あたりから本格的な受験勉強態勢に入りますが、塾に通わせるのはもっと早い段階から始めなければ中学受験に失敗する恐れが出てくるのです。