御三家の入試も突破可能!真の実力は家庭教師で身につける

受験対策を始める時期

いつから始める?難関合格のための中学受験対策

中学受験の対策は、いつから始めるのがいいのか悩むことはありませんか?小学校に通うのは6年間。1年生の時から始めるのは早すぎる気もするし、6年生からじゃ遅いかもしれない。そんなお悩みをお持ちの方のために、受験対策を始める時期のポイントを解説します。

一般的には小3の2月ごろから始めるのが理想

中学受験の対策を始めるおすすめの時期は、小4に上がる直前、小3の2月ごろ

一般に、中学受験向けの本格的な学習は小4の2月ごろに始まります。ここから塾に通い始めることが多いと思いますが、いきなり中学受験対策を始めると、子どもには大きな負担がかかります。

しかも、この時期からは算数の難易度が一気に上がり、学習に必要な時間も増えます。この時期になる前に、学習に取り組む習慣をつけるために小3の2月ごろから学習のリズムを身につけておく必要があるのです。

早くから始めるとどうなる?

では、もっと早くから学習を始めるのはどうでしょうか。

早い段階で塾に通っておけば、塾のシステムや雰囲気に慣れることができます。塾が好きになれば、高学年になっても塾に通うモチベーションが保てるでしょう。また、塾に通っていれば、学力がどれくらいなのか測ることができます。どれくらいの学習や対策が必要なのか分かる上に、他の子ども競う楽しさ、意欲も養うことができます。

一方で、進学塾に通うと嫌でも中学受験を意識することになります。低学年のうちから中学受験を意識していると、高学年で息切れしてしまうこともあります。

また、低学年のうちは、進学塾でやることはそれほど難しくありません。家庭学習でも十分ですし、学校や塾での学習以前の基礎能力(集中力、学習の習慣、文章の読み書き)を身につけることの方が重要です。低学年から塾に通う重要性はそれほど高くないとも言えます。

小6からの対策じゃ遅い?

小6からの受験対策は、実は珍しくはありません。この時期になって、子どもが受験したいと思うようになり、スタートを切ることがあるからです。

ただ、難関中学の合格はある程度基礎能力がなくては厳しいでしょう。偏差値50近辺やそれ以下の中学校なら小6からのスタートでも間に合います。無理せず、合格できる範囲の中学を選べばよいでしょう。

難関中学の合格を目指すなら、やはり小3の年度末ごろには対策を始めたいところ。計画的な学習を続けていくことが合格のカギになります。