御三家の入試も突破可能!真の実力は家庭教師で身につける

名門校に合格するための家庭教師ナビ » 塾の指導についていけない場合のサポート・対策 【家庭教師編】

塾の指導についていけない場合のサポート・対策 【家庭教師編】

学習塾についていけない時は家庭教師が有効

中学受験の対策に欠かせない、進学塾での学習。しかし、難関中学の合格を視野に入れた塾での指導は厳しく、ついていけなくなる子どもも少なくありません。

しかし、ついていけないからといって諦めてしまっては、受験合格は難しくなります。諦めたり塾を変えたりするのではなく、適切なフォローをすることも選択肢の一つ。

私がお勧めしたいのは、家庭教師によるフォロー。各学習塾への対策コースを用意している家庭教師派遣会社が、いくつかあります。特にハイレベルな家庭教師はノウハウの蓄積が多いため、より効果的です。

このサイトでは、大手4塾について、子どもがついていけなくなる原因や陥りがちなケース、そして家庭教師によるフォローのポイントをご紹介します。

塾のサポートができる
東京近郊の家庭教師を探す

大手4塾の特徴

中学受験の対策ができる塾としては、日能研サピックス四谷大塚早稲田アカデミーの4塾が有名です。それぞれどのような特徴があるのか、簡単にまとめてみました。

日能研

比較的間口が広く、上位から下位まで幅広いレベルの生徒が在籍する塾。中学受験を専門としています。同じ問題を繰り返し解かせて、考え方をじっくりと身につけさせる指導が特徴的。

ただ、どんどん新しい単元へと進んでいってしまうので、考え方を身につける前に新しいことを学習することになり、ついていけなくなりがちです。

日能研の指導についていけない場合…

サピックス

大手の中でも、難関中学の合格実績は最も豊富。特に開成や桜蔭については圧倒的な強さ。

難関中学に照準を合わせているだけあって、授業や宿題の難易度は高くなっています。成績上位2割に基準を設けて指導をしているので、残りの8割にとってはややレベルが高すぎてしまうという問題点があります。

上位2割の子はもともとセンスがいいので、宿題をこなしていけます。しかし、そうでない子にとって、膨大な宿題をこなすのはかなり難しいのです。

サピックスの指導についていけない場合…

四谷大塚

難関中学対策の名門として、復権を狙うのが四谷大塚。近年のカリキュラム改定で、一気に授業のスピードが上がり、テキストの難易度もアップ。

テキストの質は高いとされていますが、これを全てこなすのはやはり難しいもの。取捨選択をして、必要な課題を絞り込んで取り組まないと、あっという間についていけなくなってしまいます。

四谷大塚の指導についていけない場合…

早稲田アカデミー

他校と違うのは、問題をとにかくたくさん解いて、解法を身につけるというスタイル。質より量の、体育会系な指導スタイルです。

そのため、毎週の宿題をこなすのが精一杯で、本質的な理解には至らない子どもが多くなってしまいます。どこかでつまづいてしまうと、そのスピードと量についていけず、スランプになることも。

今練習しなければいけない問題を絞り込んで、不要なものは捨てていく必要があります。

早稲田アカデミーの指導についていけない場合…

塾の特徴を知り尽くした家庭教師のフォローが有効

家庭教師による塾対策コースは、これらの問題点や落とし穴をよく理解したプロの講師がフォローをしてくれるもの。塾ではカバーしきれない部分を、家庭教師でフォローするのは非常に効果的です。

親ができればそれに越したことはないのですが、親でも対応しきれないほどの宿題があったり、ノウハウがないと難しい面も多いのです。

塾での学習を効果的にして、合格への歩みを確実に進めるために、ぜひ家庭教師の塾対策コースを利用してみてください。