御三家の入試も突破可能!真の実力は家庭教師で身につける

サピックス

サピックスの指導についていけない原因とは

サピックスは、生徒の学力が首都圏随一とも言われるハイレベルな学習塾。難関中学への合格実績がもっとも豊富なのも、このサピックスです。とりわけ開成、桜蔭の合格実績は他塾を寄せ付けません。

難関中学を目指す生徒は、まずサピックスを検討するケースが多いのではないでしょうか。しかし注意しなければならないのは、サピックスの指導が効果的なのは現時点で優秀な力のある生徒のみ。中堅、あるいは下位レベルの学力では、ついていくだけでもかなり厳しいと思います。

上位2割のための授業

サピックスの指導は、上位2割の生徒に基準を合わせた進度・難易度の授業が進んでいきます。つまり、残りの8割にとってはスピードが早く、難易度も過剰に高いというわけです。サピックスに通う生徒の多くが指導についていけないのは、これが主な理由です。

上位の生徒と下位の生徒が同じテキストで勉強するわけで、下位の生徒にとっては解説が足りません。理解するために問題演習に取り組むことになり、結果として上位と下位の差はどんどん開いていきます。

そして、サピックスで優秀だとされる生徒の多くは、努力で積み上げていくタイプよりも、もともとのセンスが良く、理解力のある生徒のようです。そうでない子どもが、自分一人でこの指導に立ち向かうのは難しいでしょう。

サピックスの生徒にありがちなケース

全てのテキストをこなすのはかなり難しい

上位2割には入れない子どもにとって、サピックスのテキストを全てこなすのはかなりハード。理解をしていない問題をやっても身にはつきませんし、生徒にとってその問題や課題は時期尚早だということも。

したがって、やるべきテキストを絞り込んで取り組む必要があります。しかし、親がその判断をするのは難しいもの。親は受験のプロフェッショナルではありません。

ただただ問題を解くだけになってしまう

テキストの量が多いため、とにかく全てをこなそうとして、問題を解くことだけに目が行きがち。こうした場合にどのような害を生むのでしょうか。

問題の解法を理解するのではなく、暗記する。基礎を身につける前に、応用に取り組む。これで問題を数多くこなすことはできますが、ちょっとひねった問題になると歯が立たなくなります。

解法を暗記するのではなく、解法の意味・考え方の理解を積み重ねることが真の実力につながります。サピッックスの課題に自分で取り組むと、それができなくなることが多いのです。

家庭教師のサピックス対策コースで効果的な学習を!

名門中学受験対応の家庭教師派遣会社は、サピックス対策のコースを設けているところがあります。

ハイレベルな家庭教師なら、サピックスの指導や課題の中でも、重要なポイントを取り上げて、丁寧に理解するためのフォローが可能です。サピックス生の指導実績が豊富な会社なら、ノウハウもしっかりと積み上げています。

高速で難易度の高いサピックスの指導に振り落とされず、自分のペースを守って着実に力をつけていくなら、家庭教師のサピックス対策コースを利用してフォローをすることが必要です。

東京近郊で中学受験の対策ができる家庭教師を探す

中学受験専門の家庭教師・名門指導会のススメ

サピックスの指導についていけなかったら、家庭教師に改めて指導を仰ぐのがオススメですが家庭教師といっても塾と同じように無数にあるため、どの家庭教師を利用すれば良いのか分からなくなってしまうと思います。

そこで中学受験を合格する上での家庭教師を選ぶポイントとして、中学受験を専門とした家庭教師を選ぶことをオススメします。

そこで今回オススメしていきたいのが「名門指導会」という、サピックスをはじめとした大手塾の指導についていけなくなった生徒の成績を毎年のように底上げしているか家庭教師集団です。では具体的にどんな指導をしていくのでしょうか?

はじめに姿勢改善から勉強の意識を高める

家庭教師ということでイメージとしては、ただ勉強を自宅に教えに来る移動塾みたいなイメージが強いと思います。そのことから勉強を教えればそれで、良いという家庭教師は正直多いです。

しかし名門指導会の家庭教師は勉強を教えてくれることは勿論、まずその前に根本の勉強に取り組む姿勢を改善していきます。

はじめに勉強に取り組む姿勢から。これは勉強をする意欲ということではなく、背筋を伸ばすなどに本当の姿勢のこと。姿勢がだらしなく鉛筆の持ち方が悪いまま勉強していても、勉強に取り組む意識が低下し集中力が続かなくなってしまいます。

また字を適当に書いていることも勉強へ取り組む意識を低くしてしまうので、字を丁寧に書くことも心がけさせます。この観点からまずは姿勢を矯正して、勉強に取り組む意欲を標準のラインまで持っていきます。

集中力を持続させる

名門指導会の家庭教師をはじめる生徒によく見られるのが、定期テストの点数が良いときと、悪いときで差が激しく安定していないという点。名門指導会が指導する多くの生徒は学校以外で勉強を全くしてこなかった生徒よりも、もともと塾に通っていて小学校以外でも勉強している生徒が大半です。そのことからある程度は、勉強に慣れているわけです。

しかし、いざフタを開けてみると日によってテストの点数が悪いときと、そうでない時の差が出てしまうのです。点数が低い状態を持続しているのならば単に実力不足という見解が強いですが、点数が良い状態があるということは実力もあり、しっかりと理解ができているのです。

そこでそのような生徒の点数が悪くなってしまうときがあるのは、テストに対して集中力が続かず途中で投げ出している可能性が非常に高いのです。集中力が続かなくなると、問題を解くスピードやケアレスミス、空白解答に繋がり当然、テストの点数というのは悪くなります。まずは勉強に対しての集中するクセをつけて、テストにも望んでもらおうという取り組みをしていくのです。勉強に対して集中力を持って取り組んでいない生徒は授業でもこの症状が出てしまい勉強を教えるために訪問しても、やる気がある日とやる気がない日の波が激しくやる気がある日はしっかり取り組んでいたのに、やる気がない日は集中力が続かずその日に教えたことは無意味になってしまいます。

結果これも理解しているところと、理解していないところの差が出てしまうことに繋がりテストの点数も悪くなってしまいます。そのために各教科の勉強への意識改革をしていきます。

教科ごとに押さえるポイントが違う

勉強への意識改革といってもそんなに単純なものではなく、各教科で重要視するところが違うので、そのポイントをいかに押さえるかが大切になります。

では各教科の押さえるべきポイントを紹介医していきましょう。

算数

算数は基礎の方式や計算が最も重要になってくるので、この段階で挫折してしまっている生徒は後で、何を教えても理解ができません。

そこでまずは基礎の基礎から徹底的に生徒が理解できるまで解説していき、多くの時間を基礎に費やします。ちなみにこれが塾だったら基礎を丁寧に教えてくれるかもしれませんが、他の生徒もいるので基礎に時間を費やすことに限界があります。

基礎に多くに時間を費やしてしまったら、他の応用問題に時間を割けなくなってしまうので仕方がないことですが……

しかし名門指導会のマンツーマン指導ならば、基礎を教える→分からない→もう一度基礎を教える→理解する→次へ進むというような流れが塾よりも時間をかけず行えるので、生徒自身のペースに合わせて授業を行えるのです。算数というのは基礎ができたら、基礎をもとにした応用やその応用と応用を組み合わせるなどバリエーションは決まっているので、安易に理解することができます。基礎がないうちに問題集を解いたり、テストを受けても理解できているわけがないので成績も上がるはずがありません。

国語

国語というのは漢字こそ「暗記」の意味合いが強いですが、後は算数のような明確な基礎もありませんし、読解力というのが最も重要です。

その理由として国語というのは物語の背景や登場人物の心情を読み取ったり、一つの文章内から多くのことを理解しなければならないものだからです。そのことから十分に文章を読んで理解してから全てが始まります。

名門指導会の家庭教師で国語を指導してもらった生徒の多くが、国語に苦手意識を持っており、成績も振るわない状況でした。しかしなぜ苦手かと尋ねるとただ単純に「苦手」という意識が先行してしまって、明確な理由を答えた生徒はいませんでしたが、データから推測すると国語が苦手と言っている生徒は算数については得意と言っている生徒が多く、算数のように基礎を覚えておけば応用もできるようなものが得意でも、基礎という基礎がなく覚えたものの応用が利かないものに苦手意識を持っているのかもしれません。

そこで文章を読み解く練習を徹底して行うようにしていきます。

文章を読み解くには問題を数多く解いていくこと、これをすることにより読解力が身につき徐々に問題が解けるようになっていきます。一度問題を解くことに慣れさえすれば、算数と違って基礎を何個も覚えていかなければならないものよりも、読解力という武器があるのでどんな問題でも解けるようになってきます。

問題が解けるようになってきたら、いつの間にか苦手意識はなくなってしまうものなんです。

理科

理科というのはついつい暗記の勉強になってしまいがちです。もちろん、暗記をしっかりと行えばテストでは点数が取れるようにはなると思いますが、そのままでは理科の本質を理解していないことになります。理科というのは本来、現象や原理などを理解するもので暗記ものではないのです。物の名前や現象の名前を覚えたところで、それは物事の上辺だけをすくっているだけで理解をしていることにはなりません。そんな勉強をしたところで生産性もありませんし、何の意味もありません。

名門指導会の家庭教師で理科の授業を受けていた生徒にも、「理科は名称を覚えるだけだから面白くない」という生徒がいました。その生徒は、理科の授業で使用器具などの名前だけを詰め込まれ、本来の理科の目的を分かっていませんでした。他の理科を苦手と言っていた生徒も、だいたいこんな感じでした。

そこでまずは、各授業で現象や原理などについて徹底的に教えるようにします。現象や原理について教えていけばそれが知識となり物事を覚えたということで、生徒は万満足をして、また覚えたいという意欲に繋がるのです。モノの名前なんてものはそれから覚えていけば、すぐに覚えられます。名称→知識ではなく、知識→名称という流れで覚えていけば楽しい授業になるのです。

社会

暗記ものの代表格・社会も苦手な生徒が多いですが、苦手というよりやりたくないと印象を持っている生徒が多いのです。

確かに人物の名前や出来事だけを写真を見て覚えているだけの勉強は、非常につまらなく感じてしまいます。理由としてこのような問題をテストで解いたとしても、算数や国語のように「問題が解けた!」という印象にはならないからです。ただ単に「覚えていた」という印象にしかならないのです。そのことから社会の勉強をついつい後回しにしてしまい、成績が振るわない生徒が多い気がします。社会も理科と同じく、覚えるだけの勉強ではなく知識→名称という流れで授業を進めていきます。

名前だけとりあえず知っているものよりも、「何が」「どうして」「どのように」「こうなった」という事柄を覚えていった方が生徒の「覚えたい」という意欲が高まり、効率よく授業が進むようになります。

勉強だけにとらわれない

先ほどは「勉強」というジャンルに特化して話してきましたが、勉強だけにとらわれ過ぎてしまうと生徒のモチベーションは下がってしまいます。そこでたわいもない世間話を絡めながら、授業を行うようにしていきます。人間というのは基本、人の話を聞くのが好きな生き物です。趣味の話や、授業しているものもテストとは関係ないような補足情報を付け加えながら授業を進めていきます。知らないことや、教科書に載っていないようなさらに突っ込んだことを話していくと、生徒は食いつき興味を持ってくれます。

やはり勉強というのは基本、楽しくないものなので意固地になって取り組んでばかりいてもモチベーションは持続しません。生徒の「知りたい」という意欲をあげて、高いモチベーションを持続させ授業に対して、如何に集中させるかも名門指導会の役目なのです。

教育のプロセスを間違わなければ成績は上がる

スポーツも勉強もある程度は才能が必要ですが、練習というものをしなければたとえ才能があっても成績は上がりません。

その練習で大事なのが如何に間違えのない練習を受けるかなのです。

先ほど紹介した「教科ごとの押さえるポイント」で紹介した通り、間違がった勉強方法で勉強をいくら頑張って取り組んでいたとしても、成績は上がりません。

成績が上がらなければ生徒も落ち込み、やがてヤル気はなくなり成績はもっと落ちていくという悪循環が生じます。

そのような生徒が一人でも少なくなるように、努めていかなければならないのです。

そのためにはやはり、効率の良い理論に基づいた教育をしていく必要があります。

学校や塾などでも、しっかりとした教育は受けられますがそれはあくまで「デキる」生徒に対する授業。できない生徒に合わせてしまったら授業の進行状況が遅れ、できない生徒全員を決められた時間で教育するのは不可能と言えます。

そこで家庭教師という制度が最も効率が良い教育なのです。家庭教師は勿論、一対一の教育になります。そのことからその生徒に合わせたペースと内容で、授業を進めていけば良いので他の生徒がいる時のよう弊害がなくなります。

また名門指導会の家庭教師では授業ごとに教えるもの配分と流れが決まっているので、徹底した教育かつ、効率的な教育が受けられます。