御三家の入試も突破可能!真の実力は家庭教師で身につける

早稲田アカデミー

早稲田アカデミーの指導についていけない理由とは?

早稲田アカデミーは、他塾に比べると問題演習の量で力をつけていくタイプの塾です。考え方の理解を深めるというよりは、たくさんの問題を解くことで解き方を体に覚え込ませる、という感覚でしょうか。やや体育会系な学習塾です。

この指導が功を奏しているのか、近年では上位の中学の合格実績を伸ばしているようです。しかし、ものすごい量の宿題があって、どうしても終わらせられないという子どもも少なくありません。そのため成績も上がらないという悪循環に陥ってしまいます。

タフな子には効果的だが本質の理解度が重要

プレッシャーに強く、課題の多さを跳ね返せるだけのタフなメンタルがある子どもや、効率よく課題をこなせる子どもにとっては、この指導法は効果的。演習を重ねることで、学力がつきます。

しかし、そうでない子どもは宿題をこなすことで精一杯。どこかでつまずき転んでしまうと、一気にスランプに陥ります。もう受験勉強をするのはイヤだ、という気持ちになってしまうことも。

しかも本質を理解せず、ただ問題を解いているだけなので、真の学力がついているわけではありません。結果として、応用問題が出てきた途端に解けなくなってしまったりもします。

早稲田アカデミーの生徒にありがちなケース

全ての問題を同じように取り組もうとしてしまう

たくさんの問題演習をこなすべきなのは、よく理解していない、解法が身についていないもの。理解しているものは、それ以上繰り返す必要はないのです。今練習しなければいけない問題を吟味して、絞り込んだ学習をしないと、ただただ宿題の海でもがき続けるだけ、ということになってしまいます。

勉強した直後は分かるのに、時間が経つと解けなくなる

量で覚えるタイプの学習法は、学習をした直後は問題が解けます。しかし、ここで子どもが自分の言葉で解放を理解せず、ただ丸暗記で問題を解いていると、すぐに解き方を忘れてしまいます。

受験勉強は、丸暗記ではなく自分なりに理解することが必要。早稲田アカデミーのテストについていくため「だけ」の対策をしていても、あまり力にはなりません。

家庭教師による早稲田アカデミー対策が重要!

大量のテキストや宿題の中から、自分に必要なものを選び出して効率よく学習するためには、家庭教師のサポートが効果的です。早稲田アカデミーの生徒の指導に特化した、早稲田アカデミー対策コースを設けている家庭教師会社もあるので、それを利用するのも有効な方法です。

宿題をただこなすだけでは、効果はありません。何が目的で取り組むのか、どれくらいやればいいのか。それを家庭教師が吟味・サポートすることで、早稲田アカデミーの圧倒的な演習量による受験対策がはじめて実をつけます。

実は、早稲田アカデミーは難易度が高まる5年生の後半以降に成績が伸び悩む生徒が多いとされています。それを避け、確実に成績を伸ばしていくためには、家庭教師のサポートを積極的に利用するべきでしょう。

東京近郊で中学受験の対策ができる家庭教師を探す