御三家の入試も突破可能!真の実力は家庭教師で身につける

四谷大塚

四谷大塚の指導についていけなくなる理由とは

四谷大塚は、今の子育て世代には馴染みの深い名前ではないでしょうか。難関中学をターゲットとする塾というよりは、上位から下位まで幅広く生徒が在籍しているイメージだと思います。

しかし、今の四谷大塚はそうでないことに注意が必要です。カリキュラムの改定で、一気にスピードが上がり、難易度も難関中学御三家を意識したようなものが用意されるようになりました。兄弟がいるご家庭でも、「お兄ちゃんやお姉ちゃんの時よりもテキストが難しい気がする…」という実感が広がっているようです。

テキストの質の高さは以前から評判がよく、解説も丁寧で分かりやすいと言われています。しかし、その教材をどのように使うか、上手にプランニングできない生徒は指導についていけなくなってしまうのです。

四谷大塚の生徒にありがちなケース

教材の取捨選択が必要

幅広いレベルの生徒に対応できるように、四谷大塚はたくさんの問題集を用意しています。したがって、生徒は自分にあった問題集を選んで取り組むことが大切

しかし、その取捨選択を子どもにさせるのは難しいものです。真面目な子どもほど、たくさんの問題集をこなそうとして、レベルの合わない問題に取り組み、時間が足らずに自滅してしまいがちです。

簡単な問題は時間の無駄だし、難しすぎる問題は本質の理解をせずに表面上の理解だけで終わりがち。結果、力がつかないことになってしまいます。そうならないように、誰かがフォローをしなければなりません。

クラスが上がってもついていけない

四谷大塚は、週テストの結果によってクラスが上がったり下がったりします。しかし、コースが上がった途端に宿題や授業のレベルが高くなり、ついていけなくなってしまうことも。そうならないように、コースが上がることを想定して、少しレベルの高い学習を進めておくことも必要なのです。

家庭教師の四谷大塚対策コースを利用しよう

生徒にあったテキスト・課題を選んだり、クラスが上がった時のための対策は、四谷大塚の指導を知り尽くしたプロフェッショナルに任せるのがポイント。親がこれをフォローするのは、正直難しいと思います。

名門の家庭教師サービスでは、それぞれ四谷大塚の対策コースを設けています。もともと、四谷大塚の課題にうまく取り組めれば、成績は向上しやすいという評があります。家庭教師のフォローで支えながら、コツコツと学習を積み上げていけば、難関中の合格が見えてきます。

難関中学の合格実績の復活を目論む四谷大塚の、質の高い指導をモノにするためには、家庭教師のフォローが非常に効果的であることは間違いありません。

東京近郊で中学受験の対策ができる家庭教師を探す